プロフィール

carwatcher

Author:carwatcher
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プジョー207の5MTに座ってみた
この土曜日に近くのディーラーにプジョーを見に行きました。
たまたま近くで用事があったのと、前々から気になっていたので、
ショールームへでかけました。

お目当ては207。価格帯的にも手が届く範囲ですし、5ドアモデルにMTが
あるのも魅力的です。

残念ながら雨のため試乗はやんわり断られたのですが、5MTモデルに
座ることができ、また色々説明をしてもらえたので、思ったままに書き綴ってみます。
(晴天であれば試乗できるらしいので、また近々突撃してみたいと思います。)

クルマ好きですが、素人ということを前提にお読み下さい。
まずはシートに座ってみます。

さっそくクルマに乗り込みます。

ボディのしっかり感とかが以前試乗したアクセラに似てますね。あらためてアクセラやるな、と思ったしだいです。ボディ剛性はけっこうイイ感じな印象です。(走ってないんでなんとも言えませんが)

インパネはすっきりシンプルでメーターも210Kmまで刻んであり、欧州車な雰囲気を味わえます。
シルバーの縁取りが高級感を演出しています。

ステアリングは若干小径で適度な太さがあり、握った感じはオーソドックスながらもスポーティーな雰囲気もあり、ワインディングとか楽しそうな予感を抱かせます。

センターパネルもエアコンの温度調整がどことなく昭和な感じが
する以外はすっきりしていていい感じです。ダッシュボードはカーボンっぽい感じのパターンが
刻んであって、質感はいい感じですね。コンパクトというよりもセダンとも言える質感です。

インテリアは全体的に外観ほど色気がある感じではなくむしろ必要なものがシンプルに配置されて
おり、へんにこってりしないあたりがフランス流なんでしょうか。

最近の日本車の方がなんというか凝っているというか、奇をてらったというか、癖がある感じがする車が多い気がします。

ドライバーズシートに座ります。いいですね。結構肉厚な感じで、サイドのサポートもあり、ワインディングでもしっかりサポートしてくれそうです。ただしシートポジションはシートを一番下まで下げても
低いというほどではなかったです。(トヨタのチェイサーと比べて)ま、シートの問題というよりも、車全体の高さが関係しているんだと思います。見た目結構低く構えているエクステリアなので、もうちょっと低くなるイメージがありました。

ここで個人的に気になるのは、ボディの鼻先がドライバーから見えないこと。シートを一番低くしたことにも関係するのかも知れませんが、ボンネット・フェンダーが見えず、普段ボンネットやフェンダーが見えている車から乗り換えると、狭い日本の道路や駐車時には慣れるまで時間がかかりそうなのが気になりました。コーナーポールを付ければいいのかも知れませんが、なんかプジョーに似合わないし。

で、ペダルとミッションをいじってみます。(ま、走ってないんで大したことはわかりませんが)
ミッションはま、普通ですかね。取り立ててショートストロークでもカチカチしている感じでもなく、
ただ、割と軽快に動いた感触でした。シフトの形状も特に癖がなく、逆にいうと良く出来ているとも言えるんじゃないでしょうか。

サイドブレーキは逆にショートストロークというか短めで、かつ軽かったですね。

そして悪評高いペダルです。クラッチペダルは173cmの身長の胴長短足の身体ではぎりぎりダッシュボードに干渉することもなく踏めました。膝から下の長い(うらやましい)体系の人はダッシュボードに膝が当たるかも知れせん。
ストロークは結構深く、手前でつながりそうな感じで、クラッチワークはいったりきたりの距離を強いられるかも知れません。(これも走ってみないとわからないんですが)

ブレーキペダルとアクセルペダルは割と近くにあるので、ヒールアンドトゥはやりやすいかも知れません。これも走ってないのでわかりませんが。

で、よくよく考えると、フットレストの記憶がない。まさかなかったということはないはずですが、普通にあったので気づかなかったんでしょうか。次回試乗する際にはチェックしたいと思います。

早く試乗したいですね。

さて、その他のインプレです。

後部座席はドライバーズシートほどしっかり感はないですが、悪くもないですね。これで家族から不満でるようなものではなさそうです。(いや、ミニバンのゴージャスシートに慣れている人には窮屈に感じるかも知れませんが)広々ではないですが、必要十分な感じですかね。
胴長短足の173cmのおじさんがアップライトで座るとヘッドレストの位置がぎりぎりでした。大柄な人は若干窮屈かも知れません。

荷室は、このクラスでは十分な広さですかね。トノカバーもフックに引っ掛けるだけのオーソドックスなものでした。ただしこのモデルは頻繁にフルフラットにして使うことは想定していないみたいです。フルフラットにするには、後部座席の座面を持ち上げる。(これが結構メンドクサイ感じ)そしてヘッドレストを外し、座席を倒す、という手順が必要なんです。2:1分割なので、この作業が2回・・・。緊急時には十分対応できますが、頻繁に使う人は面倒くさいかも。

同じ207でもSWはワンタッチでフラットにできるので、やっぱりたくさんの荷物をしょっちゅう運ぶような使い方をする人はSWに乗ってください、ということなんでしょう。ただし、今はSWでマニュアル乗りたい人は、GTiしか選択肢がないので、MT乗りたい人は手軽なポジションのSWがないのがちょっと残念ですね。

さてさて、路上での試乗の結果はどうなるんでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ:新車・ニューモデル - ジャンル:車・バイク

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://carwatcher.blog112.fc2.com/tb.php/77-5fe5b16f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。